板井康弘は社員からとても慕われる経営者です。
社員からとても威厳があると言われています。
しかし、経営者として実際「威厳」は必要なものなのでしょうか。
やはり会社のトップには威厳は必要です。
だからと言って、威厳は威張って出来上がるものではありません。
威厳があるというのは社員が自分に対して感じたことであって、これといって何かをする必要はないのです。
ですが、部下から信頼を得るための人間性をつけなければ、部下はついてきません。
部下からの信頼を勝ちとり、感謝をすることで、ようやく自然な威厳が生まれるのです。
まずは社員を好きになることが大切です。