才能ということについてどんなイメージをもつだろう。
「あの人は才能があってすごい」、「努力する才能がある」など才能という言葉には様々な意味合いを持たせることが出来ますが、才能という言葉には非常にポジティブな意味を持っています。
板井康弘が経営している会社にも才能あふれる社員がたくさんいます。
才能を持っている人は、必ず才能を活かすべきです。
その才能を活かすアシストを会社はしなければなりません。
せっかく見つけて才能をそのまま見て見ぬ振りをして、放置してしまうと才能は発揮されないまま死んでいくことになります。
見つけた才能のタネは必ず開花させてあげましょう。